税込み価格、店内と持ち帰り統一=すき家、牛丼「並盛」据え置き-消費増税

経済・ビジネス

外食大手ゼンショーホールディングス(HD)傘下で牛丼チェーン「すき家」を展開するすき家本部(東京)は3日、10月からの消費税率引き上げと軽減税率導入への対応として、店内飲食と持ち帰りの牛丼の税込み価格を統一すると発表した。主力の「並盛」は、店内の本体価格を実質的に値下げし、現在の税込み価格350円を据え置き。消費者の混乱や外食離れを防ぐのが狙いだ。

消費税率引き上げに合わせ、店内飲食は税率10%が、持ち帰りは軽減税率8%がそれぞれ適用される。他の牛丼チェーンでは、「松屋」が券売機での対応が難しいとして、すき家と同様に税込み価格を統一。一方、「吉野家」は本体価格を据え置くため、店内と持ち帰りで異なる税込み価格となる。

すき家の牛丼「並盛」(ゼンショーホールディングス提供)すき家の牛丼「並盛」(ゼンショーホールディングス提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 東京都