スポーツ・知育玩具が続々=クリスマス商戦へ見本市

経済・ビジネス

年間で最もおもちゃが売れる12月のクリスマス商戦に向け、メーカーと小売業者が商談を行う「クリスマスおもちゃ見本市2019」が4日、東京都内で始まった。9月に開幕するラグビーW杯や来年の東京五輪を控え、スポーツに関するおもちゃが次々に登場。来年度から小学校で必修となるプログラミング教育をにらみ、知育玩具の品ぞろえも充実している。

タカラトミーは「人生ゲーム スポーツ」を投入。すごろくの途中にあるさまざまな競技の大会に参加しながらゴールを目指す。ゲーム内で出てくる競技はスポーツクライミングなど100種類以上で、同社は「多くのスポーツを知るきっかけになる」(担当者)と期待する。

ロングセラーの代表格であるエポック社(東京)の「野球盤」も健在だ。球速の表示といった新しい機能を加えており、担当者は「東京五輪で復活する野球の人気を後押ししたい」と力を込める。

知育玩具では、バンダイの「ころがスイッチドラえもん」が注目。ドラえもんの秘密道具になぞらえた部品とレールを使って、ボールをスタートからゴールまで運ぶコースを作る。自分で考えて組み立てたり動かしたりすることで、プログラミング的思考が身につくという。

「クリスマスおもちゃ見本市2019」に出展された、タカラトミーの「人生ゲーム スポーツ」=4日午後、東京都台東区「クリスマスおもちゃ見本市2019」に出展された、タカラトミーの「人生ゲーム スポーツ」=4日午後、東京都台東区

「クリスマスおもちゃ見本市2019」に出展された、バンダイの「ころがスイッチドラえもん」=4日午後、東京都台東区「クリスマスおもちゃ見本市2019」に出展された、バンダイの「ころがスイッチドラえもん」=4日午後、東京都台東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 東京都