色丹の水産加工場稼働を祝福=首脳会談前に揺さぶり-ロ大統領

政治・外交

【ウラジオストク時事】ロシアのプーチン大統領は5日未明、ロシア企業が北方領土の色丹島に開設した大規模水産加工場の従業員とビデオ中継で対話し、「成功を祈る」と語り掛けて稼働を祝福した。ロシアによる色丹島の実効支配を強調する意図がありそうだ。

安倍晋三首相は昨年11月、シンガポールでプーチン大統領と会談後、「1956年共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させる。プーチン大統領と合意した」と発表した。56年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞群島、色丹島の引き渡しを明記している。プーチン氏には、極東ウラジオストクでの5日の日ロ首脳会談を前に、色丹島の支配確立を誇示し、日本側を揺さぶる狙いもあったとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア