トラックと衝突、脱線=京急線快特、32人負傷-うち1人意識不明、横浜市の踏切

社会

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京浜急行線神奈川新町-仲木戸間の踏切で、8両編成の電車がトラックと衝突し、脱線した。神奈川県警神奈川署によると、乗客ら32人が負傷し、うち1人が意識不明という。トラック運転手とみられる男性も重傷を負い、同署などが当時の詳しい状況を調べている。

同署によると、衝突したのはレモン660ケースを積んだ12トンの大型トラックで、男性(67)が運転していた。

京浜急行電鉄などによると、衝突したのは青砥発三崎口行きの快特列車。先頭から3両目までの車両が脱線した。現場付近で煙が上がり、「火が出ている」と119番があったという。

現場は神奈川新町駅近くにある「神奈川新町第1踏切」で、遮断機や警報機が設置されていた。乗客の避難誘導は完了しており、同社が乗車人数などを確認している。

事故の影響で、同線京急川崎-上大岡間の上下線で運転を見合わせている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

鉄道 時事通信ニュース 事故 神奈川 横浜市 京浜急行