平和条約は「歴史的使命」=プーチン氏に締結呼び掛け-安倍首相

政治・外交

【ウラジオストク時事】安倍晋三首相は5日、ロシア政府が極東ウラジオストクで開いた「東方経済フォーラム」全体会合で演説した。首相は北方領土問題を含む日ロ平和条約交渉について「締結という歴史的使命がある。未来を生きる人々をこれ以上もう待たせてはならない」と述べ、決着に強い意欲を示した。

会合にはロシアのプーチン大統領も出席。首相はプーチン氏に「ゴールまで二人の力で駆け抜けよう。歴史に対する責任を互いに果たそう」と呼び掛け、「平和条約を結び両国国民が持つ無限の可能性を一気に解き放とう。歴史を一緒につくろう」とも強調した。

これに対し、プーチン氏は首相演説後、司会者の質問に答え、「解決したいと思っている。平和条約の締結に向かっていこうとしている」と強調した。

一方、「米国のミサイルが日本か韓国に配備されれば私たちにとっては大きな脅威だ」と指摘。首相は中距離核戦力(INF)全廃条約失効を受けた米国のアジア地域へのミサイル配備について「米国からの打診もないし、一切予定もない」と述べ、懸念の払拭(ふっしょく)に努めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア