ソフトバンク、2年縛り廃止=携帯大手で初、違約金ゼロに

経済・ビジネス

ソフトバンクが携帯電話の契約で、2年間の利用を条件に通信料を割り引く「2年縛り」を廃止する方針を固めたことが5日、分かった。途中解約した際に発生する違約金もなくす。2年縛りと違約金をなくすのは携帯大手で初めてで、9月中旬から適用する。10月1日から始まる違約金を1000円以下(消費税抜き)とする新ルールを見据えた対応で、利用者は他の携帯会社への乗り換えがしやすくなる利点がある。

2年縛りは携帯契約で主流となっている。大手では契約最終月から3カ月間の更新期間以外で解約すると9500円(同)の違約金が発生する。総務省は顧客の囲い込み手段になっていると問題視し、違約金の上限を設けた。

ソフトバンクは違約金1000円では顧客を引き留める効果は薄く、無料にして、新規顧客の獲得を目指す方が得策と判断した。通信料は上げず、すべてのプランでいつでも違約金なしで解約できるように改める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など