1年迎え、犠牲者に祈り=「輝き戻す」と復興誓う-北海道地震で甚大被害の厚真町

社会 暮らし

44人が犠牲となった北海道地震は6日、発生から1年を迎えた。土砂崩れが相次ぎ、関連死を含め37人が死亡した厚真町では、宮坂尚市朗町長や職員らが役場で黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。

宮坂町長は午前11時55分ごろに役場玄関前の追悼献花台で白いキクの花を供え、正午を知らせるサイレンを合図に、集まった約70人の職員らと一斉に黙とう。その後、防災行政無線で町民へメッセージを送った。

町長は「最愛の家族や親戚、友人を失われた皆さまの癒えることない悲しみの深さは、察するに余りある」と哀悼の意を表明。「遠く険しい道だが、先人や犠牲となられた方々から託された厚真の輝きを取り戻すため、一層の努力を重ねる」と復興を誓った。

土砂災害現場では今も復旧工事が続いており、住民らは午前中から付近の献花台で花を手向け、手を合わせた。

農業を営む森田正司さん(84)は土砂崩れで友人数人を失ったといい、「元気でいてくれたら、おしゃべりしたり、一緒に仕事ができたりしたのに」と沈痛な表情。献花台に向かって深く頭を下げ、「こういう災害だけは二度と繰り返したくない」と願った。

地震は2018年9月6日午前3時7分に発生。道内で関連死3人を含む44人が死亡、住宅2000棟以上が全半壊するなど甚大な被害が出た。

厚真町役場の献花台で冥福を祈る宮坂尚市朗町長(手前から2人目)ら=6日午前厚真町役場の献花台で冥福を祈る宮坂尚市朗町長(手前から2人目)ら=6日午前

北海道地震発生から1年を迎え、厚真町の土砂崩れ現場に設置された献花台を花束を手に訪れた男性=6日午前、厚真町北海道地震発生から1年を迎え、厚真町の土砂崩れ現場に設置された献花台を花束を手に訪れた男性=6日午前、厚真町

北海道地震の発生から1年を迎え、土砂崩れ現場に設けられた献花台で手を合わせる男性=6日午前、厚真町北海道地震の発生から1年を迎え、土砂崩れ現場に設けられた献花台で手を合わせる男性=6日午前、厚真町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 地震・噴火 北海道