日立、また技能実習違反=計画外作業指示、国が改善命令

政治・外交

出入国在留管理庁と厚生労働省は6日、外国人技能実習生に対して認定された計画にない作業をさせ、技能実習適正化法に違反したとして、日立製作所に改善命令の行政処分を行った。日立とそのグループ企業は3月にも、同法に抵触する事案があったとして改善の勧告や指導を受けており、今回、一段と重い措置となった。

受け入れ事業者は実習生ごとに技能実習計画を作成し、国の「外国人技能実習機構」の認定を受けることとされている。日立は実習生に配電盤や制御盤を組み立てさせる計画を届け出ていたが、実際には新幹線の窓枠を作る作業などをさせていた。同社は中西宏明経団連会長の出身企業。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政