池江選手が日大を応援=白血病公表後、初めて公の場に-日本学生水泳

スポーツ

白血病で競技を離れ、治療に専念している競泳女子の池江璃花子選手(19)が6日、日本学生選手権が行われている東京・辰巳国際水泳場を訪れ、所属する日大の応援をした。2月12日に病気を公表してからは、初めて公の場に姿を見せた。池江選手は今春、日大スポーツ科学部に入学し、水泳部に所属している。

マスク姿の池江選手は、チームの青いTシャツを着て、メガホンを手に声援を送った。東京・淑徳巣鴨高、日大を通じて先輩に当たる長谷川涼香選手は「応援に来てくれることはうれしい。本当だったら一緒にこの舞台でやれていたのかなという気持ちもある」と複雑な思いを語った。

関係者によると、一時退院の期間を利用した今回の応援は池江選手が希望し、体調も良かったため実現した。まだ療養中であることは変わらず、退院の時期は決まっていない。

メガホンを手に応援する池江璃花子選手(中央)=6日午後、東京・辰巳国際水泳場メガホンを手に応援する池江璃花子選手(中央)=6日午後、東京・辰巳国際水泳場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 東京都