京急、全線で運転再開=脱線車両を搬出-事故発生から2日

社会

横浜市神奈川区の京急線踏切で8両編成の快特列車がトラックと衝突、脱線した事故で、京浜急行電鉄は7日午後1時すぎ、運休が続いていた京急川崎-横浜駅間の上下線で運転を再開した。脱線した3両を含む車両を現場から搬出し、2日ぶりに全線での運行が再開された。

京急電鉄によると、現場の踏切付近は当面、快特も含めスピードを落として走行する。事故後の区間運休で、延べ約63万人が影響を受けたという。

事故は5日午前11時40分ごろ発生。踏切内で立ち往生していたトラックに快特列車が衝突した。トラックの男性運転手(67)が死亡、乗客や運転士ら計35人が負傷した。

同社は夜通しで復旧作業を進め、7日未明までに、クレーンなどを使い傾いた先頭車両を含む事故車両の搬出を完了。その後、試運転で安全を確認した。

復旧作業を終え、全線で運転を再開した京急線の列車=7日午後、横浜市神奈川区復旧作業を終え、全線で運転を再開した京急線の列車=7日午後、横浜市神奈川区

全線で運転を再開した京急線の列車と、衝突事故が起きた神奈川新町駅近くの踏切=7日午後、横浜市神奈川区全線で運転を再開した京急線の列車と、衝突事故が起きた神奈川新町駅近くの踏切=7日午後、横浜市神奈川区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 運輸・交通 神奈川県 横浜市