台風15号、関東上陸へ=暴風大雨厳戒、交通注意-気象庁

社会

非常に強い台風15号は8日深夜、伊豆大島付近を北上し、関東南部や山梨県、静岡県で風雨が強まった。15号は9日明け方までに関東に上陸し、午前中に縦断して東北沖に抜ける見込み。首都圏を含め、記録的な暴風や猛烈な雨となる恐れがあり、気象庁は高波とともに厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けた。

神津島では8日午後9時すぎに最大瞬間風速58.1メートルを観測。静岡県伊豆市付近では9日午前0時20分までの1時間雨量が約110ミリとの記録的短時間大雨情報が出された。静岡、神奈川両県と伊豆諸島の一部には土砂災害警戒情報が発表され、静岡県熱海市の全域や横浜市、神奈川県藤沢市などの一部には避難勧告が発令された。土砂災害のほか、低地の浸水、河川の増水、氾濫が予想され、交通への影響にも注意が必要。

15号は9日午前0時、伊豆大島付近を時速20キロで北北東へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。南東側90キロ以内と北西側70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側220キロ以内と西側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

10日午前0時までの24時間雨量は多い所で、関東甲信250ミリ、東海200ミリ、東北150ミリ、伊豆諸島80ミリと予想される。

9日にかけて予想される最大瞬間風速は、関東と東海、伊豆諸島60メートル、東北45メートル。波の高さは伊豆諸島11メートル、関東と東海9メートル、東北7メートルの見込み。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸・交通 気象