上皇后さまの手術無事終了=乳がん摘出、転移認められず

社会

上皇后さま(84)は8日、入院先の東大病院(東京都文京区)で左胸の乳がんの摘出手術を受けられた。手術は約4時間で無事終了。現状では転移は認められず、進行度は「ステージ1」で、数日で退院できる見通し。

上皇后さまは午前10時に手術室に入り、健康診断を10年以上担当した静岡県立静岡がんセンター乳腺外科の医師と、東大病院乳腺・内分泌外科の医師が協力し、全身麻酔で手術を実施。午後2時すぎに病室に戻った。

宮内庁は同日夜、手術結果について説明した。がんの大きさは約1センチで、乳房温存手術で行われ、周辺も含め5センチほど円形に摘出した。手術時の検査でリンパ節への転移は認められなかった。永井良三・皇室医務主管は「想定した中で一番軽い手術で済んだ。非常に良かった」と話した。今後、ホルモン療法などの治療を受ける見通し。

上皇さま(85)はこの日午前、東大病院を訪れ、手術室に向かう上皇后さまを、長女の黒田清子さん(50)と見送った。午後も東大病院を訪れ、手術結果を上皇后さまや黒田さんと医師から聞き、安心した様子だったという。

上皇后さまは7月12日の定期健康診断で左胸の乳腺に腫瘤(しゅりゅう)が見つかり、8月2日に組織検査を受けた結果、比較的早期の乳がんと診断された。

上皇后さまのお見舞いのため、東大病院に到着された上皇さま=8日午前、東京都文京区(代表撮影)上皇后さまのお見舞いのため、東大病院に到着された上皇さま=8日午前、東京都文京区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 東京都