常磐道「あおり運転」、強要容疑で男を再逮捕=悪質性に異例の適用-茨城県警

社会

茨城県守谷市の常磐自動車道で8月、男性会社員が「あおり運転」を受け殴られた事件で、茨城県警は8日、男性の車を無理やり止めさせたとして、強要容疑で住居不定、会社役員宮崎文夫容疑者(43)を再逮捕した。容疑を認めているという。

あおり運転に強要容疑が適用されるのは極めて異例。県警は悪質性を重くみて、罰金刑の可能性がある道交法違反や暴行ではなく、懲役刑しかない強要容疑で立件したとみられる。

逮捕容疑は8月10日午前6時15分~20分ごろ、常磐道上り線で数キロにわたり、蛇行運転や割り込み、急ブレーキを繰り返すなどの暴行を加え、止まる必要のない男性会社員(24)の車を止めさせた疑い。

同容疑者はその後車を降り、男性の顔などを数発殴ってけがをさせた。男性の車に設置されていたドライブレコーダーが一部始終を記録しており、県警は傷害容疑で全国に指名手配。同18日に大阪市内で逮捕した。この際、同容疑者をマンション自室にかくまうなどしていた交際相手の女(51)も逮捕した。

宮崎容疑者は傷害容疑については認める一方、あおり運転については「危険な運転をしたつもりはない」などと話していた。同容疑者は静岡県や愛知県でもあおり運転をしていたとみられ、静岡・愛知両県警が捜査している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪