通信契約なくても端末半額割引=13日からソフトバンク-改正法対応

経済・ビジネス

ソフトバンク(SB)は9日、スマートフォンなどの携帯端末を4年間の分割払いで購入し、2年経過して返却すれば、最大半額割り引くサービスを13日から全国の店舗などで始める、と発表した。端末代と通信料のセット契約を禁じる改正電気通信事業法の来月施行に対応。利用者はSB以外と通信契約を結んでも割引対象となるのが特徴だ。

サービス名「半額サポート+(プラス)」は、端末を48回払いで購入後、25カ月目以降に返した上で、継続してSB指定機種に乗り換えれば残債が免除される仕組み。サービス利用料として月額390円を別途24回払う必要がある。

10月1日施行の改正法は通信料の値下げ競争を促すのが目的。携帯電話大手各社は端末代を切り分ける「分離プラン」を導入するとともに、高い通信料で賄われてきた端末割引の上限を2万円に抑えるよう義務付けられた。SBは利用者の負担感を和らげるため、2万円以上の割引も可能としたが、「(セット契約を禁じる)改正法の趣旨に反するものではないと総務省に確認した」(榛葉淳副社長)と説明している。

ソフトバンクが開いた携帯端末販売の新サービス発表会に登場した俳優の田中圭さん=9日午前、東京都港区ソフトバンクが開いた携帯端末販売の新サービス発表会に登場した俳優の田中圭さん=9日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 販売・価格改定・販促・見本市など