日本酒ブランド戦略で検討会=輸出拡大へ、中田英寿さん参加-国税庁

社会 暮らし

国税庁は9日、日本酒の輸出拡大に向けたブランド戦略を検討する有識者会議(座長・小泉武夫東京農業大名誉教授)の初会合を開いた。日本酒の魅力を世界に広める活動をしている元サッカー日本代表の中田英寿さんもゲスト参加した。

国税庁によると、日本酒の輸出額は9年連続で過去最高を更新し、近年は原料や精米歩合だけでなく、料理との相性や造り手のこだわり、蔵元の歴史なども注目されている。さらなる輸出拡大には、日本酒の付加価値を高めるブランド戦略が必要と考えた。

委員には小泉教授のほか、日本ソムリエ協会の田崎真也会長、黒龍酒造(福井県)など酒造会社の社長ら9人が就任。12月をめどに中間報告を取りまとめ、施策を提言するという。

中田さんは低温に保ったまま輸送することの重要性を訴えたといい、会議終了後の取材に「日本と同じものを海外で出せれば大きく発展する。どれほど良い酒を造っても、きちんとした状態で届けられない限り(市場は)変わらない」と話した。

日本酒のブランド戦略に関する検討会議に出席した中田英寿さん(中央)=9日午後、東京・国税庁日本酒のブランド戦略に関する検討会議に出席した中田英寿さん(中央)=9日午後、東京・国税庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 食=美食・食の安全 暮らし