首都圏277万人に影響=JR東、在来線3800本運休-台風15号

社会

JR東日本は9日、台風15号の首都圏直撃により、在来線の運休が3837本に上り、約277万7000人に影響したと発表した。9日始発から首都圏の在来線全てで運転を見合わせ、通勤・通学客の足に大きな影響が出ていた。

JR東は8日、運転再開時刻の見通しを9日午前8時ごろとしていたが、台風のスピードが想定より遅かったほか、設備破損や倒木、飛来物などの被害が確認される路線もあったため、大幅にずれ込んだ。

横須賀線は送電設備の故障で逗子-久里浜間が、中央・総武線の各駅停車は架線に支障物が触れた影響で幕張-千葉間がいずれも終日運転見合わせとなるなど、9日中に再開できなかった線区もあった。

東海道線大船駅や武蔵野線西船橋駅、中央線武蔵小金井駅など入場を規制した駅も相次ぎ、利用者は長時間待機を余儀なくされた。

JR東海も、9日に東海道新幹線の上下線で20本が運休し、120本に遅れが出たと明らかにした。遅れによる影響は約10万人に上ったという。

同社によると、9日朝、同新幹線の東京-小田原間の線路上など約20カ所で、木の枝やトタンが見つかった。枝は長いもので約5メートルあり、直径は10センチ程度だった。

台風15号の接近に伴い、東海道新幹線は8日に上下線で117本が運休。最終列車の出発時間を繰り上げた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸・交通