ダム貯蔵酒で地域活性化=熟成に期待、9日発売-長野

政治・外交 社会 暮らし

長野県営ダムで今春から、日本酒を貯蔵する取り組みが始まった。ダム内のトンネルが低温に保たれ、熟成条件が整っていることに着目。県東部の佐久穂町が発案し、県と地元酒造会社の協力を得て実現した。一部が搬出され、秋の訪れを感じさせる「ひやおろし」として9日から販売される。ダムファンにもアピールして地域活性化を狙う。

ダムを管理する県佐久建設事務所によると、地元の酒造会社7社でつくる「佐久SAKE Aging研究会」が、余地ダムと古谷ダムの2カ所で実施。いずれも治水が主目的のダムで、管理や建設のために設けられたトンネルの空きスペースを活用した。

余地ダムでは一升瓶(1800ミリリットル)や720ミリリットルの瓶計約2600本を4月に搬入。8月29日に運び出され、今月9日から各社が店頭やインターネットなどを通じて全国に販売。古谷ダムには計約1300本を搬入し、複数年にわたって貯蔵する計画だという。

研究会代表の黒澤酒造(同町)によると、ダム内部は8月でも10度ほど。常温や冷蔵庫に比べ、一定の温度で緩やかな熟成が期待できる。発売する商品には「ダム熟」と表示。試飲した黒澤孝夫社長(44)は「程よく熟成してちょうど良いところに落ち着いた。甘み、うまみ、酸味が調和している」と話す。

佐久建設事務所などによると、数年前からダム見学を趣味とする人がダムカード入手を目当てに町を訪れており、担当者は「地域の活性化につなげたい」と話している。

試飲会で紹介されたダム貯蔵の日本酒=5日午後、長野県佐久市試飲会で紹介されたダム貯蔵の日本酒=5日午後、長野県佐久市

日本酒の貯蔵に活用された余地ダム=長野県佐久穂町(長野県佐久建設事務所提供)日本酒の貯蔵に活用された余地ダム=長野県佐久穂町(長野県佐久建設事務所提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 建設・国土政策 食=美食・食の安全 暮らし 甲信越 長野県