「軽率だ」「間違っている」=環境相発言に漁業者憤り-福島

経済・ビジネス 社会 政治・外交

東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水について原田義昭環境相が「(海に)放出して希釈するしか方法がない」と発言したことを受け、福島県の漁業関係者からは10日、憤りの声が広がった。

一貫して海洋放出に反対してきた県漁業協同組合連合会(県漁連)の野崎哲会長は、「立場上、軽率な発言だ」と批判。処理水の処分方法は政府の小委員会が時間をかけて検討してきたことから、「冷静な議論を行ってほしい」と求めた。

いわき市の小名浜魚市場の運営に携わる小名浜機船底曳網漁業協同組合の柳内孝之理事は、「(小委員会で)議論が進む中で『これしか方法がない』と決めつけるのは、(やり方が)間違っている」と憤る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 安全・危機管理 環境行政(生物多様性も、統計類も) 社会一般 東北 福島県