H2Bロケット発射台で火災=こうのとり8号機搭載-打ち上げ中止・種子島

社会 科学 技術

11日午前3時5分ごろ、鹿児島県・種子島宇宙センターで打ち上げ準備中だったH2Bロケット8号機の発射台付近で火災が発生した。火は約2時間後にほぼ消し止められたが、打ち上げを担当する三菱重工業は、ロケット本体などへの影響を確認するのに時間がかかるとして、同6時33分に予定していた打ち上げを中止した。

三菱重工によると、火災が起きたのはロケットを支える移動発射台の底部。発射時にメインエンジンと4本の補助ロケットから出る煙や炎を逃すために設けられた開口部付近とみられる。

火災発生時、燃料の液体酸素と液体水素の充填(じゅうてん)を終え、発射前の点検作業を行っていた。燃料漏れを検知するモニターに異常はなかった。

この発射台は1~7号機でも使用されており、同社幹部は、これまで火災が原因で打ち上げが中止されたケースはないと説明。燃料を抜き取って安全を確認した上で、原因究明を進めるという。

H2B・8号機は国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ宇宙航空研究開発機構(JAXA)の無人補給機「こうのとり」8号機を搭載。ISSに滞在中の宇宙飛行士らに生活物資や実験機器などを届ける予定だった。JAXAによると、ISSには食糧などの備蓄は十分あり、打ち上げが延期されても当面は影響がないという。

同ロケットは10日午後に組み立て棟から発射地点に移動。同日夜から機体の点検など打ち上げに向けた最終準備を進めていた。

発射台付近で火災が発生し、打ち上げが中止となったH2Bロケット8号機=11日未明、鹿児島県・種子島宇宙センター発射台付近で火災が発生し、打ち上げが中止となったH2Bロケット8号機=11日未明、鹿児島県・種子島宇宙センター

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 科学 宇宙 技術