セブン銀が次世代ATM=顔認証機能搭載、今秋導入

経済・ビジネス

セブン銀行は12日、高精度のカメラによる顔認証機能を搭載した次世代型の現金自動預払機(ATM)を今秋から導入すると発表した。本人確認ができる運転免許証などを用いて、ATMで口座を開けるようになる。10月下旬から東京都内で実証実験を開始。操作性などを確認した上で、順次広げていく。

セブン銀行の舟竹泰昭社長は都内で記者会見し、「ATMはお客さまのニーズと社会の要請に応え、日々進化をしていく」と強調。共同で開発したNECの新野隆社長も「安全安心をさらに強化する」と述べた。

セブン銀行が導入する顔認証機能付きの次世代型現金自動預払機(ATM)=12日午後、東京都中央区セブン銀行が導入する顔認証機能付きの次世代型現金自動預払機(ATM)=12日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス