千葉の停電全面復旧、1週間以上も=大半は「一両日中」-菅原経産相

政治・外交 暮らし

菅原一秀経済産業相は13日の閣議後の記者会見で、台風15号の被害を受けて千葉県内で続く停電からの復旧について、一部地域では1週間以上かかる可能性があると明らかにした。その一方で、大半の地域では「一両日中」に復旧するとの見通しを示した。東京電力ホールディングスは同日午後に会見し、詳細を発表するという。

菅原経産相は、復旧に当たる電力会社の人員態勢をこれまでの1万1000人から1万6000人に拡充し、自衛隊も動員して作業を加速すると説明。しかし、倒木などの被害が激しい地域では作業が難航しているため、必要な期間は「1週間、あるいは、それを若干上回る」と述べた。

12日夕刻時点で約30万戸だった停電件数は、13日午前8時現在で19万9000戸まで減少。安倍晋三首相は13日の閣僚懇談会で「全省庁一体となって住民の生活支援に万全を期す」よう指示した。経産省は菅原氏を本部長とする停電被害対策本部を新たに設置し、復旧作業の指揮に当たる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 防災政策・災害対策 暮らし