ローマ法王、11月23日に訪日=広島・長崎で原爆犠牲者追悼

政治・外交

【パリ時事】フランシスコ・ローマ法王は11月23~26日、日本を訪問する。バチカン(ローマ法王庁)が13日、明らかにした。東京のほか、被爆地の広島市と長崎市を訪れ、原爆犠牲者を追悼する。

ローマ法王の訪日は、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりで2回目。

法王は11月23日に、もう一つの訪問国であるタイから東京に到着する。24日に広島、長崎両市を訪れた後、東京に戻り、26日に帰国の途に就く予定。日本政府によると、滞在中、天皇陛下と会見し、安倍晋三首相と会談する。

フランシスコ・ローマ法王=11日、バチカン市(AFP時事)フランシスコ・ローマ法王=11日、バチカン市(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 広島市 九州 長崎市