使用済みペットボトルから服=ユニクロ、来年発売

経済・ビジネス

【ロンドン時事】カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは16日、東レと協力し、使用済みペットボトルから衣服を生産すると発表した。2020年の春夏シーズンに製品を発売し、エコ意識の高い消費者にアピールしたい考えだ。

柳井正会長兼社長はロンドンで時事通信などの取材に「特に若い人たちは持続可能性に敏感だ。欧州の消費者も意識が高い。必ず受け入れられると思う」と自信を示した。

ペットボトルからリサイクルした繊維はこれまでにもあったが、異物を除去する技術で繊維の品質を高めた点が特長。高機能速乾ウエア「ドライEX」にまず使用し、スポンサー契約を結ぶテニスのロジャー・フェデラー選手らも着用する見通しだ。

ユニクロと東レが共同で開発した使用済みペットボトルから生産した衣服=16日午後、ロンドンユニクロと東レが共同で開発した使用済みペットボトルから生産した衣服=16日午後、ロンドン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・リサイクル 新製品