高級おもてなしが人気=リッチな観戦、富裕層らに-ラグビーW杯

社会

高級な食事や元選手による解説など、リッチな「おもてなし」を楽しみながら大型スポーツイベントを観戦できる「スポーツホスピタリティー」が人気を博している。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では、4000万円以上もする商品が完売。販売する企業は「東京五輪も控え、新しい観戦スタイルとして日本に定着させていきたい」と話している。

ラグビーの国際統括団体から委託を受け「ホスピタリティーパッケージ」を販売するSTHジャパン(東京都新宿区)によると、最高価格の「ウェブエリス・スイート」は1人約200万円で、20人以上から利用できる。特設会場の専用個室での食事や特別席での観戦が可能で、横浜国際総合競技場で開催される7試合全てに参加できる。

同パッケージは約10種類で、決勝戦などの観戦に加え、選手と共に受賞式に参加できる商品もある。同社によると、購入申し込みは海外からが3割、国内が7割。富裕層の熱烈なラグビーファンが友人らと購入したり、企業が商談や社内褒賞用に買ったりするケースが多いという。

観光について調査・研究するJTB総合研究所によると、ラグビーW杯は開催期間が6週間と長く、長期休暇を楽しむ欧州の高所得者などに人気が高い。スポーツホスピタリティーは欧米ではビジネスモデルとして既に確立しており、同研究所の担当者は「日本でも一定程度の市場規模があると証明された」と語る。

STHジャパンは、2020年東京五輪のホスピタリティーパッケージも、近く販売を開始する。価格は1人当たり9万円から635万円まで。販売を委託する五輪組織委は「高価格と低価格でめりはりをつけることで、若者など多くの人が参加できる狙いがある」と話している。

ラグビーワールドカップイングランド大会で設置された「スポーツホスピタリティー」の特設会場(STHジャパン提供)ラグビーワールドカップイングランド大会で設置された「スポーツホスピタリティー」の特設会場(STHジャパン提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般