「映画はネットで」2割に=10~20代は4割に迫る

経済・ビジネス

映画やドラマをスマートフォンなどで楽しめるインターネット動画配信サービスの契約者は2割まで増え、10~20代の世代では4割近くを占めることが、時事通信が実施した「映画」に関する世論調査で分かった。

調査では、映画を見る頻度やDVDレンタル店の利用度などについて質問。映画館に行く頻度については、最も多かったのが「全く行かない」の45.0%。次に多かったのは「年に1回以下」で22.0%を占めた。

また、映画作品を見るためにレンタル店を利用するか聞いたところ、最も多かったのは「全く利用していない」の63.2%。以下多かったのは「半年に1回程度」の8.2%、「年に1回以下」の8.0%という結果だった。

一方、ネットフリックスやアマゾンプライムなどの動画配信サービスの契約状況を聞くと、「契約している」は20.3%で、2018年8月の前回調査の15.7%から4.6ポイント増加。年齢別に見ると、18~29歳の若い世代は37.5%と前回の21.6%から15.9ポイントも増えていた。

ただ、動画配信サービスを契約している人に「映画館やレンタル店は必要か」を聞くと、「どちらも必要」が最多の61.3%に上った。「映画館は必要だがレンタル店は必要ない」は27.3%、「どちらも必要ない」は7.9%だった。

調査は8月9~12日、全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.4%。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析