トヨタ、12代目「カローラ」発売=大型化、安全機能充実

経済・ビジネス

トヨタ自動車は17日、7年4カ月ぶりに全面改良した主力乗用車「カローラ」を発売した。1966年登場の初代から数えて12代目となる。走行性能を高めるため、従来モデルより一回り大きいサイズとしたが小回りの良さを確保。衝突回避の安全機能やスマートフォンと連携する通信機能を充実させた。

カローラはトヨタを代表するロングセラー車で、世界の累計販売台数が4750万台超に達する。吉田守孝副社長執行役員は東京都内で開いた説明会で、12代目について「顧客の期待を超える車を求めやすい価格で提供する」と語った。

ハイブリッド車(HV)などの排気量を1800ccに変更し、走行能力を高めた。レーダーやカメラで自転車や歩行者を検知し、衝突しそうになるとドライバーに警告したり、ブレーキをかけたりする安全機能を標準搭載。通信機能を使い、スマホの地図や音楽などのアプリを車載ディスプレーでも使用できるようにし、利便性も向上させた。

セダン型のカローラと、ワゴン型のカローラツーリングがあり、価格は193万6000~299万7500円(消費税10%込み)。月間販売目標は両タイプ合計で7100台。

トヨタが発表した新型カローラ=17日午後、東京都江東区トヨタが発表した新型カローラ=17日午後、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品 販売・価格改定・販促・見本市など