ラグビーW杯、国歌で歓迎=動画で練習、イベントも-元日本代表主将が発起人

スポーツ 社会

ラグビーワールドカップ(W杯)開幕を前に、出場国の国歌を歌うことで訪れる選手らを歓迎するプロジェクト「スクラムユニゾン」の活動が広がっている。発起人で元日本代表主将の広瀬俊朗さん(37)は「国歌はその国について学ぶいいきっかけになる」と話す。

スクラムユニゾンは広瀬さんが発案し、音楽家の村田匠さん、歌手の田中美里さんらが賛同して始まった。動画サイト「ユーチューブ」には、村田さんたちがユニホーム姿で各国の国歌や、国歌に代わる「ラグビーアンセム」を歌う動画が公開されており、歌いやすいよう画面下にカタカナとアルファベットで歌詞が表示されている。各地でイベントを開いて歌唱指導などをしており、一般からの動画投稿も募っている。

東京・丸の内で5日に開かれたイベントは、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するプロジェクト「チャレンジJ9」との共催だった。いずれも広瀬さんが発起人に名を連ねており、参加したALS患者の男性は文字盤を使って「皆さんとご一緒できてうれしいです」と話した。

この日はカナダと南アフリカの国歌について、村田さんが歌詞の成り立ちや歌い方などをユーモアを交えて説明。約30人の参加者が歌詞カードを見ながら練習を繰り返し、最後は全員が起立して見事に歌い上げた。

千葉県八千代市の主婦(52)は「よその国の国歌を歌うなんて考えてみたこともなかったけど、相手国をリスペクト(尊重)するところがすごくラグビーらしい」と話した。

W杯の盛り上げ役であるアンバサダーも務める広瀬さんは「海外では試合があると選手やファンが大声で国歌を歌っていて、雰囲気が素晴らしい。ぜひW杯で出場国の国歌を歌ってほしい」と期待を込めた。

「スクラムユニゾン」で南アフリカ国歌を歌う音楽家村田匠さん(右)と歌手田中美里さんの動画(ユーチューブより)「スクラムユニゾン」で南アフリカ国歌を歌う音楽家村田匠さん(右)と歌手田中美里さんの動画(ユーチューブより)

「スクラムユニゾン」のイベントで国歌の練習をする人たち=5日、東京都千代田区「スクラムユニゾン」のイベントで国歌の練習をする人たち=5日、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー 社会一般