トヨタ、米テキサスに420億円=トラック需要増で工場刷新

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は17日、米南部テキサス州サンアントニオのトラック工場に、2021年までに3億9100万ドル(約420億円)を投資すると発表した。米国で小型トラックの需要が一段と高まっていることを踏まえ、新たな生産設備を導入するなど刷新を進める。

17~21年の5年間に約130億ドルを米国に投資する計画の一環。同工場ではピックアップトラックの「タンドラ」「タコマ」を年25万8000台(18年実績)生産している。

トヨタ自動車の米テキサス工場で生産されているピックアップトラック「タコマ」(同社提供)トヨタ自動車の米テキサス工場で生産されているピックアップトラック「タコマ」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 国際業務 米国