安保局に経済部署新設へ=米中貿易摩擦など背景-政府

政治・外交

政府は外交・安全保障政策の中核を担う国家安全保障局(NSS)に、戦略的な経済政策の立案を担当する部署を新設する方針を固めた。複数の政府関係者が18日、明らかにした。政府は経済政策を通じて国の安全を確保する「経済安全保障」を首相官邸主導で推し進める構えだ。

政府が新部署を設ける背景には、サイバー攻撃阻止を狙った米国の中国製品排除などに見られるように近年、外交・安保政策と経済政策の関わりが強くなっていることがある。

NSSは閣僚レベルの国家安全保障会議(NSC、議長・安倍晋三首相)の事務局。内閣官房に置かれ、総括・調整班、情報班、戦略企画班、政策1~3班の6班体制を取っている。政府内ではこれに経済専門班を加える案などが出ている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面)