小4男児、遺体で発見=首絞められ殺害か-自宅の集合住宅内・さいたま

社会

17日午後8時20分ごろ、さいたま市見沼区大谷に住む女性から、「英会話塾から子どもが帰って来ない」と110番があった。埼玉県警大宮東署などが捜索したところ、自宅の集合住宅内で18日未明、息子の市立小4年進藤遼佑君(9)の遺体が発見された。首に絞められたような痕があり、同署は殺害された可能性があるとみて調べている。

同署によると、進藤君の遺体は集合住宅建物の共同スペース内で見つかり、首を絞められた痕のほかには、目立った外傷はなかった。Tシャツに半ズボン姿で靴は履いていない状態だった。

集合住宅は県の教職員用で、進藤君は両親と3人暮らし。110番当時、両親は自宅にいたといい、同署は詳しい経緯を聞いている。

市教育委員会は進藤君が通っていた小学校に職員を派遣。トラブルなどがなかったか調査に乗り出した。

現場はJR大宮駅から北東約3キロ、東武野田線大和田駅の南東約1.5キロの住宅やマンションなどが立ち並ぶ地域。

小学4年の男児の遺体が発見された集合住宅(右)=18日午前、さいたま市見沼区小学4年の男児の遺体が発見された集合住宅(右)=18日午前、さいたま市見沼区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪