傷害保険料、4%値上げ=来月、高齢化で6年ぶり-損保4社

経済・ビジネス

東京海上日動火災保険など損害保険大手4社は18日、けがの治療費などを補償する傷害保険の保険料を10月に約4%引き上げることを明らかにした。加入者のうち治療費がかさむ高齢者の比率が上昇し、保険金支払額の増加が避けられないためだ。各社一斉の値上げは2013年以来、6年ぶり。

保険料を引き上げるのはこのほか、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険。あいおいの標準的なプラン(傷害・後遺障害の保険金100万円、入院1日当たり5000円)では、年間保険料が220円上がり5550円となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など