アマゾン、ファミマなどに受取ロッカー=再配達の負担軽減

経済・ビジネス

インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)は18日、ファミリーマートに設置したロッカーなどで荷物を受け取れるサービス「Amazon Hub」を同日から始めたと発表した。利用者の利便性向上と、再配達の負担軽減が狙いだ。

サービスは9月末までに東京都と神奈川県の数十カ所で実施し、年内に200カ所に拡大。来年以降、全国に広げる。

利用者は商品の到着案内メールに記されたバーコードを使い、購入時に指定したファミマや小田急電鉄の駅などにあるロッカーで荷物を受け取る。一部飲食店やマッサージ店のカウンターでも同様のサービスが受けられる。

アマゾンがファミマなどに設置したロッカー=18日午前、東京都品川区アマゾンがファミマなどに設置したロッカー=18日午前、東京都品川区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 神奈川県