中国拠点に特殊詐欺=容疑で日本人9人逮捕-警視庁

社会

中国吉林省を拠点に日本で特殊詐欺をしていたとして、警視庁捜査2課は19日までに、詐欺などの疑いで住所職業不詳の西矢季広容疑者(44)ら日本人9人を逮捕した。西矢容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認しているという。同課によると、9人は中国人の男の指示で動いていたとみられ、全国で約1億8000万円の被害が確認されている。

他に逮捕されたのは、横浜市南区通町、無職佐藤正彰(53)、東京都中野区東中野、自営業曽山航(31)両被告ら8人で、詐欺罪などで既に起訴された。

逮捕容疑は昨年3月上旬、中国から名古屋市の70代女性に百貨店店員に成り済まして電話。「カードが不正に使われそうになっている」「防犯のため新口座を作るので暗証番号を教えて」などとうそを言って、キャッシュカード3枚を詐取した疑い。

同課は、西矢容疑者と佐藤被告は日本に電話をかける「かけ子」の上役で、曽山被告はだます相手のリストを売る「名簿屋」とみている。詐欺グループは吉林省延吉市内のマンション一室で、インターネット電話を利用していたという。

同課によると、グループは中国当局の一斉摘発を恐れて1カ所に全員が集まらず、1、2人ずつ複数の拠点に散らばって電話をしていたとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 中国