天皇陛下が即位後初の稲刈り=皇居

社会

天皇陛下は19日、皇居内の生物学研究所脇の水田で、即位後初めてとなる稲刈りをされた。皇居での稲作は昭和天皇が始め、上皇さまから陛下が引き継いだ。

長袖シャツと紺のズボン姿の陛下は長靴を履き、新調した鎌を右手に持ち、5月に自ら植えたもち米のマンゲツモチと、うるち米のニホンマサリの計100株をしゃがんで手際よく刈り取った。

宮内庁によると、今年の作柄は平年並みで台風15号の影響もなかった。収穫した米は伊勢神宮の神嘗祭などに使われる。例年は宮中祭祀(さいし)の新嘗祭に使われるが、今年は代わって大嘗祭が行われ、栃木県高根沢町と京都府南丹市の斎田の米が使われる。

即位後初めてとなる稲刈りをされる天皇陛下=19日午前、皇居・生物学研究所脇の水田(宮内庁提供)即位後初めてとなる稲刈りをされる天皇陛下=19日午前、皇居・生物学研究所脇の水田(宮内庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室