韓国とWTO協議へ=輸出管理、日本の立場主張-菅原経産相

経済・ビジネス

菅原一秀経済産業相は20日の閣議後の記者会見で、輸出管理の厳格化で韓国が日本に求めていた世界貿易機関(WTO)協定に基づく2国間協議について、受け入れる考えを表明した。その上で「輸出管理の見直しはWTO協定と整合的という日本の立場は変わらない」と強調し、韓国に反論していく考えを示した。

両国の主張は隔たりが大きく、2国間協議では和解できない可能性が高い。提訴後60日以内に解決しない場合は、WTOの紛争処理小委員会(パネル)が設置される見通しだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商・貿易・対外投資 韓国