農水相、ワクチン接種表明=各知事が判断-豚コレラ対策

政治・外交 社会 暮らし

江藤拓農林水産相は20日、家畜伝染病「豚コレラ」のまん延を防ぐため、養豚場の豚にワクチンを接種する方針を正式に表明した。養豚の一大産地である関東で発生したことを踏まえ、接種を見送ってきた従来の方針を転換する。これにより、日本は国際ルールで定める「非清浄国」となる見通し。復帰には時間がかかる可能性が高く、豚肉の輸出などに影響が出そうだ。

菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で「豚コレラは重要な局面を迎えている」と指摘。その上で「輸出への影響を含め、具体的な対応の検討を早急に進めていく」と語った。

農水省は同日、対策本部を開き、予防的なワクチン接種を認めていない現在の防疫指針を改正することや、メーカーにワクチンの増産を要請することなどを決めた。

実際に接種するかどうかは各都道府県知事が決めるが、接種地域は発生地周辺が中心となる見通し。早ければ年内にワクチンの接種を始めるとみられる。

記者会見で豚コレラまん延防止対策に言及する江藤拓農林水産相=20日、東京・霞が関の農水省記者会見で豚コレラまん延防止対策に言及する江藤拓農林水産相=20日、東京・霞が関の農水省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 安全・危機管理 食=美食・食の安全 暮らし 埼玉県 東海 岐阜県 岐阜市