メルシャン、長野・上田市にワイナリー=21日オープン

経済・ビジネス

メルシャン(東京)は21日、長野県上田市に同社3カ所目となるワイナリー「シャトー・メルシャン椀子ワイナリー」をオープンする。四方を囲むブドウ畑を眺めながらワインを楽しむことができ、年2万~3万人の来場者を見込む。

ワイナリーは2階建て。周囲の畑では8品種のブドウを生育している。収穫からワイン造りまで一連の工程を見学できるほか、試飲スペースや売店も併設されている。この地区は降水量が少ない上に風通しが良く、ワインに使うブドウの生育に適しているという。

営業時間は午前10時から午後4時まで。初年度は約5000ケース(1ケース=720ミリリットル瓶12本)を製造する。

「シャトー・メルシャン椀子ワイナリー」の内覧会で、写真撮影に応じる長林道生社長と(左)と、土屋陽一上田市長=20日午前、長野県上田市「シャトー・メルシャン椀子ワイナリー」の内覧会で、写真撮影に応じる長林道生社長と(左)と、土屋陽一上田市長=20日午前、長野県上田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 支社・支店 新サービス 東京都 甲信越 長野県