日本、開幕戦でロシア破る=48試合の熱戦火ぶた-ラグビーW杯

スポーツ

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は、20チームが参加して20日に開幕した。東京スタジアムでの開幕戦では、1次リーグA組で世界ランキング10位の日本が20位のロシアを30-10で下した。

日本は先制トライを許したが、WTB松島(サントリー)が2トライを挙げて逆転し、12-7で折り返し。後半はラブスカフニ(クボタ)と松島がトライを決めて突き放した。4トライでのボーナス1点を加え、勝ち点5とした。

1次リーグは5チームずつ4組に分かれて総当たりで行い、各組上位2チームが10月19日からの決勝トーナメントに進む。決勝は11月2日。全国12会場で48試合の熱戦が繰り広げられる。

初の8強入りを目指す日本は1次リーグでこの後、アイルランド、サモア、スコットランドと対戦する。

ロシア戦の後半、大量リードで盛り上がる日本のファン=20日、東京スタジアムロシア戦の後半、大量リードで盛り上がる日本のファン=20日、東京スタジアム

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー ロシア