五輪会場「海の森」は江東区=大田区帰属は20%-人工島の境界線・東京地裁

社会

2020年東京五輪・パラリンピックのボートやカヌーの競技会場となる東京・「海の森水上競技場」を含む人工島の帰属をめぐり、大田区が江東区を相手取り、境界線画定を求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は、島の面積のうち、競技場を含む約79.3%は江東区、残りを大田区とする境界線を示した。

争われたのは、1973年に埋め立てが始まった「中央防波堤埋立地」(約500へクタール)の帰属。両区の協議ではまとまらず、都が2017年、面積の約86.2%を江東区、残り約13.8%を大田区とする調停案を提示したが、「全島帰属」を訴える大田区が拒否し、訴訟を起こした。

判決で古田裁判長は、島の利用実態を考慮し、港湾施設の整備が進んだ区域(約20.7%)を大田区と認定。調停案で両区にまたがっていた同競技場は全て江東区に帰属するとした。馬術会場「海の森クロスカントリーコース」も江東区。

裁判で大田区は「江戸時代に大田区側の住民がノリ養殖などに利用していた区域だ」などと全島帰属を主張。江東区は「造成工事や付随するごみ処理問題で区民が犠牲を払った」と訴えていた。

江東区と大田区が帰属を争った東京都臨海部の人工島「中央防波堤埋立地」=2018年4月江東区と大田区が帰属を争った東京都臨海部の人工島「中央防波堤埋立地」=2018年4月

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 東京都