上皇后さまの乳がん「完全に切除」=ホルモン療法へ-宮内庁

社会

宮内庁は20日、8日に東大病院で乳がん手術を受けられた上皇后さま(84)について、最終病理診断の結果、がんは完全に切除され、転移も認められなかったと発表した。経過は順調で、再発リスクが非常に低いため放射線療法は行わず、乳がんを増殖させる女性ホルモンを抑える「ホルモン療法」のみを受ける。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室