台風17号、対馬海峡通過=九州や四国、三重で大雨-23日は北日本大荒れ

社会

大型の台風17号は22日午後から九州北部に接近し、夜には対馬海峡を通過した。台風に向かう湿った空気の影響で、九州や四国、三重県では非常に激しい雨が降った。17号は23日明け方には山陰沖を北東へ進み、同日夜には温帯低気圧に変わって北日本(北海道と東北)に達する見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

22日夕以降は三重県紀北町や徳島県の那賀町、海陽町、上勝町の付近で、1時間雨量が約120ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。三重、徳島、長崎各県の一部に土砂災害警戒情報が出され、長崎県対馬市では「50年に1度の記録的な大雨となっている所がある」と発表された。佐賀市では同日午後9時55分すぎに最大瞬間風速40.1メートルを観測した。

強風のため、山陽新幹線の広島-博多間や九州新幹線熊本-鹿児島中央間などで運転見合わせが相次いだ。全日本空輸は国内線166便が、日本航空も130便が欠航した。

17号は23日午前0時、山口県下関市の西北西約70キロの海上を時速35キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートル。南東側200キロ以内と北西側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南東側650キロ以内と北西側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

24日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と東海200ミリ、北海道180ミリ、近畿150ミリ、東北100ミリ。

23日にかけて予想される最大瞬間風速は九州北部と中国45メートル、四国と近畿、北陸、東北、北海道35メートル、九州南部30メートル。波の高さは九州北部8メートル、九州南部と奄美、四国、中国、北陸、東北、北海道6メートル、近畿と東海5メートルの見込み。

台風17号が九州北部に接近し、雨風が強まる福岡市内=22日、夜台風17号が九州北部に接近し、雨風が強まる福岡市内=22日、夜

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象