各国に財源確保を訴え=基礎保健の実現向け-安倍首相演説

政治・外交

【ニューヨーク時事】国連総会出席のため米ニューヨーク入りした安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日朝)、全ての人々に基礎的な保健医療サービスを保障する「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」実現に向けた会合で演説した。首相は「最も弱い立場にある人々に質の高いサービスを提供するには、安定的な財源、適切な予算配分が不可欠だ」と指摘。各国は財務・保健当局の連携を図り、政府一体で取り組みを進めるべきだと訴えた。

首相は第2次世界大戦後の日本の復興を振り返り、「日本は混乱と貧困を乗り越え、1961年に国民皆保険制度を導入し、UHCを達成した」と説明。「(UHCは)日本の社会経済発展、健康長寿の達成を支えた」と語った。

その上で「今でも世界の約半分もの人が基礎的保健医療サービスを受けられていない。世界のUHCの実現を希求する」と強調。被援助国を後押しするため、民間と連携しながら、人材育成や健康保険の拡充を進めていく方針を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 米国