夢を忘れさせる脳神経細胞=浅い眠りの際、記憶消去-名大

社会 暮らし 科学 技術

体は休んでいるが脳は働いている浅い眠りの際、記憶を消す脳神経細胞をマウスの実験で特定したと、名古屋大の山中章弘教授らが発表した。論文が23日までに米科学誌サイエンスに掲載された。

起床前の浅い眠りの際に見た夢をすぐ忘れてしまうのは、この脳神経細胞の活動が一因と考えられるという。

浅い眠りは「速い眼球の動き(REM=レム)」を伴うため、レム睡眠と呼ばれる。寝入りばなは脳が休む深いノンレム睡眠となり、その後は浅いレム睡眠と交互に繰り返す。睡眠中には記憶が整理され、定着する。

特定された脳神経細胞は、これまでは食欲を高める役割が知られていた。摂食や睡眠のほか、体温の調節、生殖などを担う脳の部位「視床下部」に少数存在する。

山中教授らはマウスに新しい物体や嫌な場所を覚えさせた後、この脳神経細胞を人為的に操作する実験を行った。その結果、浅いレム睡眠中に同細胞が活動すると、脳で記憶を担う部位「海馬」の働きが抑えられ、記憶が消去されることが分かった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 科学技術(理系的) 科学 技術