三菱UFJ、香港などでリストラ=証券部門の半減検討-株価伸び悩み

経済・ビジネス

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、香港やシンガポール、オーストラリアの証券部門の現地法人で、従業員を半減させるリストラを検討していることが24日、分かった。3地域で現在計約180人の従業員を90人程度に減らす計画という。近日中に実施する方針。

米中貿易摩擦などの影響で世界的に株価が伸び悩み、収益環境が悪化しているためだ。主に営業、市場担当者を削減する見通し。

MUFGは「競争力強化の観点からさまざまな施策を検討しているが、決まったことはない」(広報担当者)と説明している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 国際業務 オーストラリア