安倍首相、ホルムズ海峡の安全確保を=ロウハニ師、独自構想提唱へ-日イラン首脳

政治・外交

【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は24日午前(日本時間25日未明)、イランのロウハニ大統領と米ニューヨークで約1時間会談、米国との緊張緩和に向けて協議した。首相はホルムズ海峡を航行する船舶の安全確保に向け、沿岸国として責任を果たすよう要請。これに対し、ロウハニ師は中東諸国による独自の構想を25日に国連総会の一般討論演説で提唱する考えを明らかにした。

ロウハニ師は詳細は明かさなかったが、構想の名称は「HORMUZ PEACE ENDEAVOR(ホルムズの平和への努力)」の頭文字を取った「HOPE」と説明した。米国が商船護衛などを名目に日本や欧州に呼び掛ける有志連合構想に対抗する狙いがあるとみられる。

イランのロウハニ大統領(右端)と会談する安倍晋三首相(左端)=24日、ニューヨーク(AA時事)イランのロウハニ大統領(右端)と会談する安倍晋三首相(左端)=24日、ニューヨーク(AA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 イラン 米国