安倍首相「卑劣極まる犯罪」と非難=サウジ施設攻撃、主体は特定せず-国連演説

政治・外交

【ニューヨーク時事】米ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は24日夜(日本時間25日午前)、国連総会で一般討論演説に臨んだ。首相は今月中旬に発生したサウジアラビアの石油施設への攻撃について「国際経済秩序を人質にする卑劣極まる犯罪だ」と非難。ただ、攻撃主体は特定せず、イランの関与を主張する米欧と一線を画した。

首相はイランとの友好関係を保ちつつ、米イラン間で独自の仲介努力を続ける考えとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 外交 米国