玄海原発差し止め認めず=福岡高裁、安全対策「合理的」

経済・ビジネス 社会

九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)は安全対策が不十分だとして、福岡や佐賀など5県の住民71人が運転差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は25日、住民側の申請を却下した佐賀地裁決定を支持し、即時抗告を棄却した。

原子力規制委員会の新規制基準下で審査された地震や火山の影響評価、避難計画の実効性など、複数の論点が争われた。

山之内裁判長は火山の巨大噴火に関し、発生の可能性が「低頻度」であれば、法規制や防災対策で発生を想定しないことは「社会通念」として容認できると説明。耐震設計の目安となる基準地震動の策定やテロ対策などについても、不合理な点はみられないとした。

その上で、規制委の審査基準は「合理的」であり、同原発に「生命、身体に重大な被害を受ける具体的な危険」は認められないと結論付けた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 裁判 九州