LINE@アカウント消去=業務妨害容疑で少年ら逮捕-警視庁

社会 暮らし

企業などが情報発信のために利用する「LINE@(ラインアット)」で、競合相手のアカウントを消去し、業務を妨害したとして、警視庁少年事件課は25日までに、電子計算機損壊等業務妨害容疑で、通信制高校3年の少年(18)=東京都文京区=ら3人を再逮捕した。いずれも容疑を認め、「自分たちの収入を伸ばすために消した」などと供述しているという。

逮捕容疑は2月22日午後5時半ごろ、都内を走行中の乗用車内で、通信制高校3年の少年(18)=北海道北斗市=のLINE@アカウント4個を消去し、業務を妨害した疑い。

同課によると、北海道の少年は個人事業主として、LINE@で中高生向けのダンス映像や恋愛話を配信。4個のアカウントで計約200万人のフォロワーを獲得し、年間約1000万円の広告収入を得ていた。逮捕された少年らも同様にLINE@で収入を得ており、競合関係にあった。

少年らは北海道の少年を2時間にわたり車内に監禁し、アカウントのパスコードを聞き出すなどしたとして、監禁と強要の両容疑で逮捕されていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 教育 暮らし 北海道 東京都