改憲「国民の期待に応え議論を」=増税リスクに万全対応-安倍首相記者会見

政治・外交 経済・ビジネス 暮らし

【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は25日午後(日本時間26日午前)、ニューヨークで内外記者会見に臨んだ。自ら憲法改正を訴えて与党が勝利した7月の参院選に触れ、「憲法改正の議論は行うべきだというのが国民の声だ」と指摘した上で「野党各党もそれぞれの案を持ち寄り、憲法審査会の場で与野党の枠を超えて国民の期待に応える議論を行ってほしい」と述べ、10月4日召集の臨時国会での議論の進展に期待を示した。

10月1日の消費税率引き上げに関しては「リスクが顕在化すれば、ちゅうちょすることなく、機動的かつ万全な対応を行う」として、経済情勢を見定めながら対策を行う可能性に言及した。

内外記者会見に臨む安倍晋三首相=25日、米ニューヨーク(AFP時事)内外記者会見に臨む安倍晋三首相=25日、米ニューヨーク(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 国会 景気動向・マクロ経済 政党 税制 暮らし 韓国 サウジアラビア 米国