当局間で対話継続=国連総会での首脳会談は見送り-日韓外相

政治・外交

【ニューヨーク時事】米ニューヨークを訪問中の茂木敏充外相は26日午後(日本時間27日未明)、韓国の康京和外相と就任後初めて会談した。元徴用工問題などで日韓関係が悪化する中、両外相は閣僚レベルを含めた外交当局間の対話を続ける方針で一致。国連総会に合わせた安倍晋三首相と文在寅大統領による首脳会談は見送られた。

会談は約50分間行われた。両外相は冒頭、硬い表情を崩さないまま握手を交わした。茂木氏は元徴用工をめぐる韓国最高裁判決に触れ「日韓関係は非常に厳しい状態が続いている。解決に向けて意思疎通を図っていきたい」と語った。

康氏は「茂木氏と良い対話を続け、これまで同様にさまざまなレベルで外交当局間の対話を続けたい」と応じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国